基準値を超えたら要注意!ヘモグロビンA1Cをリサーチ

糖尿病の指標の1つ「ヘモグロビンA1C」とは

ヘモグロビンA1Cを
下げたい

ヘモグロビンA1Cについて
知りたい


ヘモグロビンA1C値を正常値にするには

ヘモグロビンA1Cってなに?

血糖値と同じく、糖尿病の指標の1つであるヘモグロビンA1C。

実は私も、数年前の健康診断で、ヘモグロビンA1C値が基準値を超えてしまっていたんです。その後専門医に相談しながら、食事療法やサプリ・運動などを摂りいれた結果、今では正常値に戻すことができました。

このサイトでは、私が集めたヘモグロビンA1Cに関する情報をまとめています。少しでも数年前の私と同じお悩みを持つみなさんのお役に立てれば幸いです。

管理人が取り入れたヘモグロビンA1Cの改善方法とは?>>

そもそもヘモグロビンA1Cって?

ヘモグロビンとは、血の赤い色素を指し、赤血球に含まれるタンパク質のこと。酸素とくっついて、体中に酸素を届ける働きをするため、非常に重要な存在です。そのヘモグロビンに血糖(グルコース)がくっついたものが、ヘモグロビンA1Cです。

赤血球の寿命は約4ヶ月といわれています。赤血球はこの4ヶ月の間ずっと体の中をめぐり、血管内のブドウ糖と少しずつ結びつきます。つまり、ヘモグロビンA1Cの数値が高い=結びつく糖が多い=高血糖の状態であるということなんです。

血糖値と大きく違うところは、直前の食事の時間や量・内容に左右されないということ。血液中のヘモグロビンA1C値は、赤血球の寿命の半分にあたる時期の血糖値の平均を表します。つまり、外来で血液検査をすると、その日から1~2ヶ月前の血糖の状態を推定できることになるため、血糖値よりも正確な数値がはかれます。

ヘモグロビンA1Cの値が高いとどうなる?

ヘモグロビンA1C(HbA1c)の基準値は5.8~6.2%。数値が高くなると、糖尿病のリスクが高くなっていきます。

糖尿病の合併症として、神経障害や網膜症、腎症、足のしびれ、腎不全などが考えられ、ひどくなると失明や心筋梗塞、脳梗塞、ガンの確率も大幅に上がります。そのため、定期的にヘモグロビンA1Cの検査をし、早い段階から適切な対応をしていくことが重要なんですね。

ヘモグロビンA1Cの値が高い場合の改善法

まずは病院へ

それでは、ヘモグロビンA1Cの値が高かった場合、どのように改善したらいいのでしょうか?

まず1番初めにお伝えしたいのが、数値が基準値を大幅に超えている場合は、何より先に専門医に相談するということ。生活習慣を見直すことで数値の改善は見込めますが、早めの治療が大切です。

危険な数値ではないが、少し意識をした方が良いとお考えの方に1番効果的なのは、「炭水化物の摂取をやめる」ことです。炭水化物を一切やめるのは無理だという場合は、食後30分ウォーキングをしましょう。これを行えば、炭水化物を多少摂っても、血糖値は上がりません。

ただ、食事管理や運動などを完璧にこなすのはなかなか難しいですから、適度に運動や食事管理を取り入れながら、効果的な原料を含むサプリメントを摂取するのがおすすめです。

効果的な原料とは?

代表として、田七人参、高麗人参、DHA・EPA、ナットウキナーゼ、菊芋の5つをご紹介したいと思います。

■田七人参

古来から常備薬とされており、一旦収穫するとその土地はその後10年間使い物にならないほど、土壌から栄養をたっぷり吸い取っています。止血や血流促進、活性酸素の除去、免疫力アップ、肝臓疾患や高血圧など、効能も幅広い万能薬的存在。

インスリンと同じ働きをするサポニンが、高麗人参の7倍含まれているため、血糖値やヘモグロビンA1C値にも効果的。

実際に田七人参を摂取し、基準値を大幅に超える11%台から、基準値である6%以下に下がったという事例もあります。

 

■高麗人参

非常に効能が多く、デトックスや精神安定、体力増進、血流促進、血液生成、体液分泌促進、呼吸器疾患、腸環境改善、糖尿病の予防など様々な効果が期待できる。

ビタミンやミネラルも豊富に含まれているため、日常的に摂取することで栄養のバランスを補う効果も。

 

■DHA・EPA

必須脂肪酸で、青魚によく含まれている。効能としては、血液サラサラ、血圧降下、中性脂肪や悪玉コレステロール減少、抗アレルギー、精神安定、抗炎症など。

糖尿病によって発症の確率が上がる脳卒中や心筋梗塞の予防にも効果的。

 

■ナットウキナーゼ

納豆に含まれる酵素の1つ。血栓の原因となるフィブリンたんぱく質を分解してくれる。

持続性があり、その血栓融解効果は12時間も続くほど。

血圧降下や血液サラサラ効果もあり、糖尿病の予防にもおすすめ。

 

■菊芋

菊芋に含まれるイヌリンという水溶性食物繊維が酵素と結ばれることで、フラクトオリゴ糖に。

フラクトオリゴ糖には体内の血糖を一緒に外に排出してくれるため、血糖値を抑制する働きがあります。

おすすめ原料のサプリメントBEST5はこちら>>