糖尿病の指標の1つ「ヘモグロビンA1C」とは

ヘモグロビンA1Cを
下げたい

ヘモグロビンA1Cについて
知りたい


神の草ヒュウガトウキ

九州地方では古くから「神の草」として知られているヒュウガトウキ。極めて豊富な栄養素を含む植物で、血糖コントロール、動脈硬化予防、肝臓病の改善、アトピーの軽減効果など、様々なサプリメントの主役としてたびたび見かける植物です。

ヘモグロビンA1Cや血糖値が上昇する原因でもある、食生活の乱れや不足など、現代特有の生活習慣から抜け出せない方の強い味方となるでしょう。

粒状のサプリメントタイプと、お茶タイプのものがあり、それぞれの生活スタイルやお好みに合わせて選ぶこともできます。

<おすすめサプリメントBEST5はこちら>

価格 5,500(税込み)/約1ヶ月分(粒)
※「粒」の他にも「お茶」があります。
主原料 ヒュウガトウキ
摂取方法 水などとともに1日6粒を目安に摂取してください。
販売元 アイシー製薬株式会社

神の草ヒュウガトウキの口コミ評判

  • このサプリメントを飲み始めてから、食事で過剰な量をとらなくなりました。これなら血糖値の改善も期待できそうです。次回の検査が楽しみになってきました。
  • 主人がヒュウガトウキを飲んでいるのですが、体の調子が良くなってきたとのこと。私も主人にならって飲み始めましたが、体が軽く感じられるようになりました。
  • 食事中でも移動中でも、手軽に飲めるところがポイントです。お茶タイプのものとあわせて、どちらも持ち歩くようにしています。
  • 最悪な数値を叩きだした健康診断以来、ヒュウガトウキを習慣にしました。それ以来、なんだか疲れも溜まりにくくなった気がします。今後の推移が楽しみです。
  • ヒュウガトウキのお茶を飲んでいます。思ったほど苦くなくて、飲みやすいです。割安になるまとめ買いでリピート中です。

主原料、ヒュウガトウキの効果

主原料はヒュウガトウキ。日本だけに存在する植物と言われており、九州地方では江戸時代から「神の草」と呼ばれて重宝されてきました。

ヒュウガトウキが自生した一帯には、3年ほど植物が実らないとも言われています。大地の栄養分を大量に吸収してしまうことのたとえなのでしょう。

血糖値にお悩みの方に注目してほしい働きが、インスリンの活性化です。医学博士・水野秀一医師の研究によると、ヒュウガトウキにはインスリンを活性化させて血糖値をコントロールする働きがあるとのこと。臨床試験でもその働きが証明されています。

「神の草ヒュウガトウキ」に使用されている原料は、契約農家において完全無農薬で栽培されています。