糖尿病の指標の1つ「ヘモグロビンA1C」とは

ヘモグロビンA1Cを
下げたい

ヘモグロビンA1Cについて
知りたい


DHC 桑の葉エキス

日本や中国では、古くから健康食品の原料として利用されてきた桑の葉。ヘモグロビンA1Cや血糖値を下げる働きに加え、整腸作用、肝機能強化などの効果があります。

その桑の葉を主原料としているサプリメントが、「DHC桑の葉エキス」。 他にも、ビタミン類やDHA、EPAなど、栄養バランスの乱れを整えてくれる成分が豊富に配合されています。

DHCならではの「コスパの良さ」も特徴の一つで、1日分でわずか28円という価格を実現しています。継続的に利用したい方には特にお勧めです。

<おすすめサプリメントBEST5はこちら>

価格 840円(税抜き)/1ヶ月分(粒)
主原料 桑の葉
摂取方法 1日3粒を目安に、水などとともに摂取します。朝、昼、晩の食前、3回に分けて1粒ずつ飲むことが推奨されています。
販売元 株式会社ディーエイチシー

桑の葉エキスの口コミ評判

  • 飲み始めたころは何も変化がありませんでしたが、長期的に続けてみた結果、血糖値が少しずつ下がってきました。私には合っていたサプリでした。
  • 広告で見かけて試しに買ってみたのですが、飲み始めてから血糖値も下がり気味にあるので、今後も継続して購入したいと思います。
  • 血糖値の高い家系です。お試しの意味で1ヶ月マジメに続けたところ、かなり血糖値が下がったのでビックリ。サプリのおかげかどうか不明ですが、このまましばらく続けてみようと思います。
  • 同じDHCのギムネマとあわせて、食前に飲んでいます。どちらの効果なのか分かりませんが、飲むと満腹感が早く訪れるような気がします。
  • 40キロの私が病気で80キロに…。ダイエットを考え、運動と合わせて桑の葉エキスを摂り入れています。現在はなんとか70キロまで落とすことができました。

主原料、桑の葉の効果

桑の葉には、血糖値を下げる力を秘めた成分が多く含まれていると言われます。たとえばDNJ(1-デオキシノジリマイシン)。小腸で糖の吸収を緩やかにすると言われる成分で、食後に摂取するとその効果が特に期待できるとされています。

DNJには、ほかにもインスリン分泌を抑える働きがあります。インスリンの分泌量を抑制することで脂質が蓄積しにくい体となり、ひいては生活習慣病の予防・改善が見込まれます。

また、桑の葉にはシトステロールやスチグマステロールなどの食物繊維も豊富。便通を良くするとともに、中性脂肪がたまりにくい体を目指すことができます。

即効性はありませんが、長期的に摂取を続けることによって血糖値の改善は期待できるでしょう。