糖尿病の指標の1つ「ヘモグロビンA1C」とは

ヘモグロビンA1Cを
下げたい

ヘモグロビンA1Cについて
知りたい


糖素減

糖素減は、天然ゴーヤの成分を凝縮した、高血糖向けの人のためのサプリメント。原料は、一般に出回っている普通のゴーヤとは違い、品種改良されていない栄養価の高い蘭山苦瓜(らんざんにがうり)です。

蘭山苦瓜は市場に多く出回ることのない希少な品種。成分にはインスリンに似た働きがあると言われており、摂取することで代謝を良くし、血糖値を下げる効果があると期待されています。

糖素減は、ゴーヤが苦手な方でも摂取しやすい粒状。飲みにくさもなく、毎日継続的に摂取しやすいサプリメントです。

<おすすめサプリメントBEST5はこちら>

価格 12,000円(税抜き)/約20~30日分(粒)
主原料 ゴーヤ(蘭山苦瓜)
摂取方法 一日に5~7粒を、水などとともに摂取します。メーカーからは1日2~3回に分けて飲むよう推奨されています。
販売元 株式会社ライフィックス

糖素減の口コミ評判

  • 天然のゴーヤが原料なので体にも負担がないと思って飲み始めました。とても飲みやすいですし、これなら無理なく続けられます。
  • 飲み始めて1ヶ月ほどは別に変化もなかったのですが、半年ほどたったころには血糖値がほぼ正常値の範囲内に!
  • 他の血糖値サプリも色々試してみたのですが、こちらはサプリの割には効き目が早く出たような感じがします。これからも続けていこうと思います。
  • 毎日、朝晩に飲む用にしています。旅行が趣味なのですが、旅先にも必ず持参していきます。私には欠かせないサプリメントですね。
  • お酒の飲み過ぎで入院までしてしまいました。そんな私を見かねた友人から勧められたのが糖素減。今や糖素減を飲むことが毎朝の日課になっています。

主原料、ゴーヤの効果

糖素減の原料はゴーヤですが、中でも特別な品種である蘭山苦瓜(らんざんにがうり)という品種。風味が良く栄養素も安定している希少なゴーヤです。

近年の研究で、蘭山苦瓜に含まれるモモルデシチンという成分に、インスリンによく似た働きがあることが分かりました。インスリンは、高血糖状態を改善するための有効かつ重要な成分で知られています。

また、蘭山苦瓜に含まれるチャランチンという成分が、インスリンの分泌を促すことも分かっています。インスリンを作り出す組織を刺激するためです。

これらモモルデシチンとチャランチンの二つの相互作用こそ、蘭山苦瓜が血糖値を下げると言われる所以となります。