糖尿病の指標の1つ「ヘモグロビンA1C」とは

ヘモグロビンA1Cを
下げたい

ヘモグロビンA1Cについて
知りたい


血糖値との違い

ここでは、血糖値とヘモグロビンA1Cの違いに注目してまとめています。

血糖値とヘモグロビンA1C、どちらに注目すべき?

糖尿病とは、血液中の血糖(ブドウ糖)の量が多い状態が続くことです。つまり、「血糖値が高ければ糖尿病、低ければ正常」と思いがちですが、実はそうとも言い切れません。

なぜなら、誰でもご飯を食べたあとは一時的に血糖値は高くなります。糖尿病の検査において血糖値はよく調べられるのですが、検査をする時間や直前に食べた食事の量、どんなものを食べたかによって、血糖値は大きく影響を受けます。

しかし、ヘモグロビンA1C(HbA1c)の検査は食事の影響を受けません。これが血糖値とヘモグロビンA1Cの大きな違いとなります。

ヘモグロビンA1Cが食事の影響を受けないのはなぜ?

食事の影響を受けないのはなぜ?

ヘモグロビンは、血糖(ブドウ糖)とくっつく性質があります。これをヘモグロビンA1Cと呼びます。

元々ヘモグロビンは赤血球に含まれていますから、赤血球の寿命が4カ月ほどで、血液に流れて全身を巡っていれば、もちろんヘモグロビンも一緒に体内を駆け巡っています。その際に、血液に含まれる余分なブドウ糖とくっついていくわけです。

つまり、高血糖の状態が長く続けば続くほど、ヘモグロビンはたくさんの血糖とくっついて蓄積されていくのです。そのため、ヘモグロビンA1Cの値が高いということは、それだけたくさんの血糖が血液中に過剰に存在したと言えるのです。

赤血球の寿命は4カ月と言いましたが、その半分以上が1~2ヵ月前のものだそうで、つまり、ヘモグロビンA1Cの値は過去1~2ヵ月のものだと言えるわけです。たとえ食事の直後に検査しようと、食事を我慢していっぱい運動したあとにはかろうと、過去1~2ヵ月の血糖の状態がまるわかりになってしまうという点で、糖尿病治療としてとても重要視されている値になります。