糖尿病の指標の1つ「ヘモグロビンA1C」とは

ヘモグロビンA1Cを
下げたい

ヘモグロビンA1Cについて
知りたい


改善のための生活習慣

ヘモグロビンA1Cの数値が高かった場合、それを改善するにはどのような生活習慣を心がけたら良いのでしょうか?

糖尿病の原因は高い血糖値です。つまり、血液中の血糖の量を減らせば良いわけです。血糖の一番の原因は炭水化物の摂取。であれば、炭水化物の摂取を極力減らすことが効果的です。

もちろん、糖尿病のレベルによって改善方法は異なります。7%を超えるような値の場合は、専門医の指示に従って治療することが必要です。

もし、6%くらいの「自分で頑張れば改善できるかも」というレベルであれば、積極的に生活習慣を変えていきましょう。

ヘモグロビンA1Cを下げるために

ウォーキングがおすすめ

最初に挙げた「炭水化物の摂取をやめる」。これが一番確かな方法です。1ヵ月しっかり炭水化物を避けてみると、目に見えて効果がわかるのだとか。

しかし、日本人にとって炭水化物を摂らないという生活はストレスが溜まりますよね。実はストレスも糖尿病にとって大敵で、ストレスと感じると人間は糖を出してしまうそう。これにより、糖尿病が悪化することもあると言います。

そのため、炭水化物を抜くことでストレスが溜まるのであれば、できるだけ量を減らし、食後30分ウォーキングをすると血糖値は上がりません。ウォーキングは、散歩のようなゆったりしたものでなく、早歩きのスピーディなものを指します。あまりにハードな運動を行うと、逆に小腹が減って何か食べたくなることが多いため、無理な運動はおすすめしません。

また、サプリメントや食品を利用するのもおすすめ。例えば、田七人参や高麗人参などの、ヘモグロビンA1Cを下げる効果が高いと知られるものが配合されたサプリなどを、積極的にとるようにするのがおすすめです。

管理人のおすすめサプリをランキングしています>>