糖尿病の指標の1つ「ヘモグロビンA1C」とは

ヘモグロビンA1Cを
下げたい

ヘモグロビンA1Cについて
知りたい


超えると危険な基準値

ヘモグロビンA1Cの基準値について解説しています。血糖値とは違い、ヘモグロビンA1Cは食事や検査の時間などによって左右されませんので、いかに基準値を守るかが重要となります。

ヘモグロビンA1Cと血糖値の基準値

一般的に、正常値は5.8%(国際標準値では6.2%)となっており、これを超えると危険度は上がっていきます。

糖尿病合併症の症状が発症してしまうのは、6.5%を超えるような場合と言われています。

年代別の平均値

<20代> <30代> <40代> <50代> <60代> <70代>
男性:5.3%
女性:5.2%
男性:5.4%
女性:5.4%
男性:5.4%
女性:5.5%
男性:5.8%
女性:5.7%
男性:6.0%
女性:5.9%
男性:5.9%
女性:5.8%

ヘモグロビンA1Cの正常値と合併症のリスク

ヘモグロビンA1Cの正常値と合併症のリスク

糖尿病の怖いところは合併症を起こすことと言われており、ひどければ足の切断や失明にまで至る場合があります。

そういったリスクをできるだけ減らすために、検査でヘモグロビンA1Cの数値を測り、その数値をいかに正常値に近づけるかという治療を行うこととなります。

基準値を大幅に超えてしまったままでいると、合併症の危険性がどんどん高まっていきます。

検査が近くなって意識するのではなく、日常的に数値を下げるような生活を習慣づけて、6%という数値にまで至らない努力が、自分の身を守る一番の方法なのです。

危険かな?と思ったら…ヘモグロビンA1Cが気になる方のためのサプリ比較>>