糖尿病の指標の1つ「ヘモグロビンA1C」とは

ヘモグロビンA1Cを
下げたい

ヘモグロビンA1Cについて
知りたい


DHA・EPA

ヘモグロビンA1Cや血糖値を下げるために取り入れたい、DHA・EPAについて解説しています。

<DHA・EPAはどう?おすすめサプリを主原料や口コミで比較>

DHA・EPAのヘモグロビンA1Cへの働き

DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)は、どちらも必須脂肪酸です。必須脂肪酸というのも一度は耳にしたことがあるかと思います。正式には多価不飽和脂肪酸と呼ぶのですが、体の中で自分でつくることのできない脂肪酸を指します。つまり、食品から積極的に取り入れる必要があるのです。

DHA・EPAは青魚に多く含まれますので、理想としては、1日3回魚を取り入れる必要があります。しかし、なかなか1日3回魚を食べるのは難しい方がほとんどかと思います。そのため、サプリメントを上手に利用すると、無理なく確実にDHA・EPAを摂取することができるのです。

それでは、一体どのような効能をもつのでしょうか?まず、EPAの効能から取り上げてみたいと思います。

  • 血圧を下げる
  • 中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす
  • 生理痛を軽くする
  • 抗アレルギー効果
  • 精神安定効果
  • 抗炎症効果
  • ガンや糖尿病を防ぐ

また、DHAは、EPAのもつ効能は全て含んでいます。それにプラスして以下の効能も期待できます。

  • 脳の活性化
  • ボケ防止

ここで、特に注目したいのは「糖尿病を防ぐ」という効能です。なんと、DHA・EPAを摂取すると、血糖値やヘモグロビンA1C値を下げてくれる効果が期待できるそう。

また、血をサラサラにしてくれますので、糖尿病によって発症の確率が上がる脳卒中や心筋梗塞の予防もしてくれます。また、発ガン性物質が体内で作られるのを防いでくれる効果もあるようです。

お分かりの通り、非常に効能の幅が広く、様々な症状に効果的です。そのため、糖尿病に悩まされている方だけでなく、積極的に摂取したい成分となります。