糖尿病の指標の1つ「ヘモグロビンA1C」とは

ヘモグロビンA1Cを
下げたい

ヘモグロビンA1Cについて
知りたい


菊芋

ヘモグロビンA1Cや血糖値が気になる方におすすめの、菊芋について調べてみました。

<菊芋はどう?サプリメントを主原料や口コミで比較しています>

菊芋がヘモグロビンA1Cに効果的な理由

菊芋とはキク科の植物で、根が芋のように見えるから菊芋と呼ばれています。この菊芋、実は血糖値を下げる効果があるとして、糖尿病で悩まされている方を中心に人気を集めています。

菊芋には、イヌリンという水溶性の食物繊維とイヌラーゼという酵素が含まれています。この2つの成分、なんだか関係しそうですよね?

その通りで、イヌリンはイヌラーゼによってフラクオリゴ糖へと姿を変えます。これが、腸内環境を整えてくれるのと同時に、腸内にある糖とくっついて外へ排泄させてくれるのです。

一般的に、食事をすると血糖値は一気に上がります。そして、それを抑えようと膵臓が一生懸命インスリンを分泌します。それが続くことで、だんだん膵臓が疲れてしまい、インスリンの量が減少。体内の糖の量が増え、糖尿病となると言われているんですね。

つまり、血糖をフラクオリゴ糖が外へ持ち運んでくれることで、血糖の増加が抑えられ、膵臓が無理する必要がなくなるのです。

さらには、菊芋にもさまざまな栄養成分が含まれており、それが膵臓を守ってくれる働きを持っているそう。つまり、糖尿病の症状にあらゆる面から作用してくれるのです。

実際、臨床試験で菊芋の効果は実証されており、なかなか減りづらいと言われているヘモグロビンA1Cの数値が、6か月以上継続して菊芋を摂取した場合、平均して0.5%、多い人で6%も減少したそう。

また、糖尿病の方は、食事後から継続して血糖が増え続けてしまうのですが(正常であれば2時間で数値は戻るのに、上昇し続けてしまう)、菊芋を摂取し始めてから2ヵ月もしないうちに、血糖値がきちんと下がるようになったそうです。(薬も併用していたそうですが)

菊芋の存在を知らない人が多いことからも、なかなかスーパーなどで手に入れづらい現状があります。そのため、菊芋を取り入れるためには、サプリメントを利用するのがオススメです。