糖尿病の指標の1つ「ヘモグロビンA1C」とは

ヘモグロビンA1Cを
下げたい

ヘモグロビンA1Cについて
知りたい


高麗人参

ヘモグロビンA1C・血糖値に効果的な高麗人参の効果について解説しています。

<高麗人参はどう?おすすめの5つのサプリを原料や口コミで比較>

高麗人参のヘモグロビンA1Cへの効果

高麗人参は、実際に取り入れたことはなくても耳にしたことがある人が多いかと思います。朝鮮人参やオタネニンジンと言えば聞いたことがある人もいるかもしれません。これは、ウコギ科の薬用人参の一つです。

非常に効能が多く、作るのが大変なことから、貴重なものとして扱われ、日本でも医療などで活躍してきました。

高麗人参は、育てるのが本当に大変で、土を肥やすのに3年、種をまいてから発芽するまでに4年かかると言われています。そして、発芽してから4年~6年の月日を経て、大切に育てられ、やっと収穫することができます。

高麗人参はの効果には、以下のようなものがあります。

  • デトックス効果
  • 精神安定効果
  • 体力増進効果
  • 血流の促進と血液生成
  • 体液の分泌促進効果
  • 呼吸器疾患の改善
  • 腸環境の改善効果

高麗人参のすごいところは、気になる症状にダイレクトにアプローチしてくれるだけでなく、なんとなく不調である…という未病にも効果があるというところです。これは、体の不調や歪みなどを正常に戻す力を持つからだと言われています。

今回一番ご紹介したい効果はもちろん「糖尿病の改善効果」です。

具体的には、「血糖を下げる働き」を持ちます。これは、高麗人参に多く含まれるサポニンという成分が関係してきます。サポニンは、体内でインスリンと同じ働きをしてくれるため、インスリンの分泌が弱まっている糖尿病の方には願ってもいない効果となります。

もちろん、血糖を下げるような働きだけでなく、たくさんの栄養素も含んでおり、ビタミンやミネラルなども豊富に含有しています。つまり、日常的に摂取する習慣を身につければ、血糖値を下げてくれるだけでなく、栄養バランスも補ってくれる、そんな嬉しい効能を持つのが高麗人参です。