糖尿病の指標の1つ「ヘモグロビンA1C」とは

ヘモグロビンA1Cを
下げたい

ヘモグロビンA1Cについて
知りたい


ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼンのヘモグロビンA1Cへの効果を解説しています。

<ナットウキナーゼはどう?主原料の異なるサプリをランキング>

ナットウキナーゼがヘモグロビンA1Cに効果的な理由

ナットウキナーゼという成分、みなさんは聞いたことがあるでしょうか。今回初めて聞いた!という方でも、なんとなく名前から「納豆と関係あるのかな?」ということは想像がつくかと思います。

その通りで、ナットウキナーゼとは、納豆に含まれている酵素のひとつ。フィブリンたんぱく質を分解してくれる働きをもちます。

フィブリンたんぱく質は、血栓の原因と言われていますので、それを分解してくれることから、血栓を解消し、生活習慣病を予防してくれる働きをもつのです。また、血圧を下げたり、血をサラサラにして流れを良くする効果も期待できます。

ナットウキナーゼの血栓融解効果は、ありがたいことに、長いと12時間も持続してくれるそう。そのため、毎日夜に納豆を食べる習慣をつけることをおすすめします。

もちろん、納豆は大豆からできていますので、栄養も豊富で、ヘルシーな食品の代表格とも言えるものです。そのため、納豆に抵抗のない方であれば、納豆を積極的に食べる習慣も身に着けると、より多くの効能を手に入れることが可能となります。

もともと納豆が苦手で、毎日食べるのは大変だと感じる方は、サプリメントをうまく利用し日々きちんと摂取するようにすると良いでしょう。

ヘモグロビンA1Cや血糖値などが気になる方は、ぜひ取り入れてみてはいかかでしょうか。